水のトラブルが起きる場所と対処法

水のトラブルが起きる場所と対処法 生活する上で毎日使用する水ですが、毎日使用するからこそトラブルも起こりやすくなっています。水が噴き出すことや、少しずつ水が漏れる、詰まるなどの目でトラブルを確認できる場合もあれば、知らないうちに故障しているケースもあります。
トラブルを放置すると故障がひどくなってしまうので、早めに故障に気づくことが大切です。トラブルの起こり方や故障する場所について少しでも知識があると安心できます。

水のトラブルに気づく方法

故障に気づかないケースの場合について説明します。水のトラブルに気づくために確認しなければいけないことは、水道料金の確認です。普段よりも料金が高くなっている場合は、水のトラブルを起こしている可能性が高いので、故障個所を調べるようにしましょう。故障を放置していると水浸しになってしまうだけではなく、悪臭などの原因となってしまうおそれがあります。明らかな故障が疑われる時は、水道メーターの検針の際に検査員から故障の指摘をされることもありますので、日ごろから注意を払うようにしましょう。


■水のトラブルが起きる場所
水のトラブルが起きる場所は、水を使用している場所であればどこでも起こる可能性があります。その中でも特に可能性が高いのは、水の使用頻度が高い場所です。
キッチンはシンクや排水管などから水が漏れてしまうことが多く、床や蛇口などが水浸しになることでトラブルに気づくことがあります。
トイレは、キッチン以上に水のトラブルが起こりやすい所が多いです。便器はもちろん、便器と配管の結合部分や、手洗い場、床とパイプの結合部分などがあります。時にはトイレが詰まってトラブルが起きることもあるので注意が必要です。
これらの場所以外では湿気が多いことで部品が故障しやすいお風呂や洗濯機、ゴミ詰まりなどが原因で故障しやすい洗面台などでもトラブルが起きやすくなっています。

■水のトラブルの対処法

水のトラブルが起きてしまった時は、水があふれて水浸してしまう危険があるため早急に対応をしなければいけません。そんな時の対処方法として、止水栓を使う方法がおすすめです。止水栓とはキッチンやお風呂、トイレなどにそれぞれ設置されている水を止めるための栓になります。
まず、水のトラブルが目で確認できる場合はその場所の止水栓を閉めて水がでないようにします。そして修理業者に連絡し、修理してもらうようにしましょう。自分で修理を試みる場合は、故障個所がひどくなってしまうこともあるため、やり方を十分調べた上で慎重に行う必要があります。
トラブルが目で確認できない場合は、水道メーターを使用して故障個所を調べていきます。故障している場合は、水道を使用していない時でもメーターが少しずつ動いていますので、すぐにわかります。メーターが動いているのを確認したら一カ所ずつ止水栓を止めてどの場所から漏れているのか調べるようにしましょう。止水栓で止めてもメーターが動いているようならその場所の故障ではないということになります。

■まとめ
水のトラブルが起こってしまうととても困ってしまします。しかし、故障個所を探す方法や、水の止め方を知っているだけで応急処置をすることができるので安心して対応することができるようになります。
毎日使用する場所だからこそ、いざという時の備えがとても大切です。修理業者の連絡先などすぐに利用できるよう事前に調べておくことも重要です。年中無休で利用できる業者であれば土日などに故障しても便利ですし、出張して修理してもらうことになるので、出張のできる範囲内なのかも確認することがおすすめです。賃貸を利用している場合は管理業者などに連絡し、指示を聞いてみましょう。水漏れは漏電などを引き起こしてしまう原因にもなるので、見つけ次第早急に修理が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース