配管がつまり流れない水のトラブルで困る前にメンテナンス

■完全につまりが生じて困る前に

日常生活の中で水のトラブルが起きると、設備が使えないなどの問題が生じます。その中でも、配管がつまり流れないのは、困る状況です。設備によっても問題に違いがありますが、配管の中に異物が流れ込むことによって排水管に負担がかかり、つまりが発生しやすくなります。フィルターなどでできるだけ除去していても、完全に排除するのは難しく、困る状態になる可能性があります。フィルターをすり抜けてしまうようなものがわずかに流れていけば、やがて付着して問題を引き起こすかもしれないからです。
排水管の配管内は、どんな状態になっているか外側から判断するのは難しい場所です。日ごろ大丈夫だと思っていても、実は大きなダメージを抱えているようなケースも珍しくありません。どの程度汚れているかも判断が難しいため、流れが悪くなる前に対処をはじめていくのがポイントです。
洗浄剤を使って配管内を掃除するのは、つまりで困る前に処置する必要があります。完全につまってしまえば、上から洗浄しても溶解した汚れが流れていく場所がありません。溶けたものがつまっている場所のすき間に流れ込み、もっとひどい状態にしてしまう場合もあります。早めに対処しておけば、予防として効果があると考えればいいでしょう。
配管の経年による劣化も関係していきます。新しい間は付着しにくくできますが、老朽化とともにだんだん付着していくため、使えば使うほど水のトラブルが起こる可能性を招きやすくなります。1か月に1度程度の割合で洗浄しておくのは、有効な手段となるでしょう。

■キッチンでできるお湯をつかったメンテナンス方法

汚れを溜めないようにする方法はいろいろとあります。油汚れが中心なのであれば、温度を上げることによって、流動化させて落とす方法は有効です。配管を直接温めるわけにはいきません。そこで、50度から60度のお湯を流し込むことで、ゆっくりと温めながら流していく方法が有効です。この方法の利点は、科学薬品などを使わず、自然に流せるところにあります。お湯の温度を調整して流すだけなので、準備しやすいのも手軽にできるポイントです。
この方法は熱湯ではだめだという点に注意が必要です。熱湯を流せば、油汚れは確かに流すことができますが、配管に伝わる熱も考えなければいけません。物質の基本は温めると体積が膨張し、冷えれば収縮しますが、緩やかに温度上昇させるとそこまで大きなダメージは与えずに済みます。いきなり高い温度にしてしまうと、急激に膨張してしまうので、配管を破損する事態も考えられます。
熱が伝わって膨張するまでの時間差も、水漏れの原因を作り出す可能性があります。配管の接続部分などは厚みがあるため、熱が伝わるまでに時間の差が生じてしまう場所です。内部で膨張していても、外側に近い部分では冷えたままというように、膨張の差が出てくることによって、ストレスが加わります。そうしたことを繰り返しているうちに、ナットなどが緩む可能性もありますし、配管の破損につながるケースも見逃せません。基本的なことですが、キッチンでは決して熱湯を流さないというのも、水のトラブルを起こさないための大事なポイントです。

■業者の持っているメンテナンス方法
メンテナンスを続けても、つまりが出て困る場合もあります。排水口から配管の内部をのぞいてみても、どんな状態になっているのかはわかりません。専門業者に依頼して排水管の清掃といった方法が取れますが、機械的方法の一つとして、ワイヤー式の清掃方法があります。ブラシを取り付けたワイヤーを配管内に挿し込み物理的に洗浄していく方法です。回転させながら挿入していくため、内部のすべての面をこすり落としながら清掃できます。付着物なども物理的に除去できますし、曲がっていく部分でも対応できます。
ワイヤーではなく、ロッドを使った方法もあります。長い棒を使って挿し込むたびに連結していきますが、基本的に直線部分に使われる方法です。排水管の中でも雨水管のように長くつながっている配管に有効で、ワイヤーのように押す力が分散しにくいため、長い距離にも対応できます。ある程度まで伸ばせるため、マンションなどでも適用できます。
専門業者には、専用の化学薬品もあり、強力に洗浄する方法もありますが、機械的な手法が使えないときに用いられます。影響が大きく処理も難しいためですが、アルカリ性や酸性など、その場所にあったものを用いるため、有効なアプローチになるでしょう。
業者のメンテナンスは、家庭でしているものと似ていても、その内容が全く異なります。強力で有効な手段がいろいろあるため、トラブルが起きる前に検討しておくことが大切です。特にマンションなどの集合住宅では、水のトラブルが起こった場合の負担の大きさも考えて、戸建てなどよりも頻度を上げた定期点検を検討するべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ