困る水漏れなどの水のトラブルは身の回りで起こりやすい

■排水管の水のトラブルは案外多い

水のトラブルで一番困るのはやはり水漏れではないでしょうか。これまで安心安全に使っていたはずなのに、水が漏れてきた途端に自分たちの生活が不便になり、不安も広がります。
例えば排水管でトラブルが起きたとき、一番困るのは生活水が流れていく場所です。綺麗な水が漏れているわけではありませんから、汚れやニオイなども気になります。使い終わった生活水を流すところなので、トラブルが起きたとたん大きな影響を及ぼしてしまいます。
また、水が漏れた状態が続くと、水蒸気が発生して家の中の湿度がどんどん高くなります。湿度が高い状態を放置しておけば寝具類や洋服、カーテンなども水分を吸ってジメジメしてしまいます。場合によって壁のクロスも水分を吸ってしまうことで張替えが必要になってしまう事例もあります。
なぜ排水管で水のトラブルが起こるのかというと、その多くは排水管の中で何かが詰まっていることが考えられます。排水の流れをつまりが邪魔をすることで生活水が流れにくくなり、この流れに負けて排水が溢れてしまいます。
見た目では排水が溢れていることに気づきにくいこともありますが、以前に比べて何か悪臭がたちこめるようになったという場合、もしかしたら目に見えない、または見えにくいところでトラブルが発生しているかもしれません。水漏れによって発生する悪臭はその家に住む人の気分を害します。その他にも、カビの原因にもなり、健康被害を生んでしまうこともあるので早めに対処が必要になります。カビの発生は建物を劣化させる原因にも繋がるので注意しましょう。

■トイレでも水のトラブルは起こりやすい

水のトラブルで困ると言えば、トイレの水漏れもそのなかのひとつと言えます。例えばトイレの水を流したあと、なかなか水が止まらないというトラブルはよくあるケースです。レバーを元に戻したはずなのにいつまでも水が流れっぱなし、という症状などさまざまな事例があります。
タンク式のトイレの場合、タンクの中に水を貯める機能と、タンクの中に溜まった水を便器に流す機能の二つがあります。トラブルが起こりやすいのは水を貯める機能のほうです。
タンクの中に一定量の水が溜まると、自然に水が止まります。ところが、タンクの中で何かトラブルが起きていると水が溜まってもいつまでも水が出続けてしまい、溢れ出た水がそのまま便器の中に流れ続けるという現象が起こるのです。しばらく経ってもいつまでも水がチョロチョロ流れているときは、タンクの中の水を止める機能に不具合が生じている可能性が高いです。
本来、水を貯めるために作動する浮き球がうまく定位置に戻らず、いつまでも水がタンクの中に溜まり続けます。その隙間から水が便器の中にどんどん流れていくので、タンクのレバーを元に戻しても水が出続けるのです。何かの拍子で浮き球がズレただけであれば定位置に戻すことですぐに状況を改善できます。しかし、浮き球が壊れていたり浮き球を繋いでいるチェーンに不具合があるとうまく作動しないことがあります。できるだけ早めに状況を改善する必要があるので、水のトラブル専門業者へ状況を説明してトラブルを早急に解消してもらいましょう。

■もしも賃貸物件で水のトラブルが起きてしまったら
水のトラブルで困ることのなかには、賃貸物件で暮らしているとき水漏れもあります。もしも自分の部屋で水漏れトラブルが起きたとき、自分の部屋だけでなく隣や下の階の部屋に被害が広がることも考えられるのです。
まずはできる限り被害を最小限に食い止めるために、最初に建物の大家さんや管理事務所へ早急に連絡を入れてください。場合によって大家さんや管理事務所が日ごろお世話になっている水道修理業者へ連絡を入れてくれることもあります。もしも自力で修理業者を探すように指示されたときは、頼りになる近所の業者へ速やかに連絡を入れましょう。
建物や水回りの劣化によって水のトラブルが起きたときは、修理にかかった費用は建物を管理する側が負担することになるでしょう。その際は、大家さんや管理事務所に状況をしっかり説明します。一度こちらが費用を支払って、そのあと管理側に請求するという方法もありますが、修理業者側が直接管理側に請求することもできます。面倒なトラブルに巻き込まれないためにも、修理業者から管理側に直接連絡を入れてもらうとスムーズな解決となるでしょう。
そのほか、賃貸物件の場合は火災保険に加入しているのが一般的と言われているので、借家人賠償責任保険や個人賠償責任特約などが火災保険に付帯されているかどうか必ず確認します。この保険は、その建物を借りて住んでいる住人が水のトラブルによって賠償責任が発生したときに、保険が適用されることがあります。どの範囲まで適用されるのか、よく確認しておきましょう。
また、場合によって水漏れの最中に漏電する恐れもあるため、管轄の電気会社に連絡を入れて状況を説明します。漏電によって、新たなトラブルを防ぐためにも必要なことです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ