困る水のトラブルが起きたときの業者の手配手順

■住宅メーカーから手配してもらう

水のトラブルが起きると、生活にいろいろと支障をきたします。早急に対応が必要になりますが、困るときに力になってくれるのが修理を専門とする業者です。自分たちでできないような専門的なところも対処してくれる強い味方で、さまざまな状況に対応してくれます。
問題は、どのようなところに相談するかです。できるだけ早めに修理をしていかなければならない状態の時もありますし、緊急性が低く少しだけ時間が取れるといった場合もあるでしょう。支障がある状態を回復するという点では一致しているため、状況に合わせて適切な業者を選択することが必要です。
持ち家では住宅メーカーなど住宅を建てたところに依頼をするケースが多く、まず相談をしてみる際には手っ取り早い相手です。顔見知りの営業担当者がいることもよくあります。こうしたところに連絡を入れると、設備専門の業者を紹介するか、自社で手配をしてくれます。どちらにしても住宅メーカーに関連した業者が来るため、説明も通りやすく、手配も進みやすくなります。
また、住宅メーカーが間に入り手配をしてくれる場合は、顔見知りの人が来てくれる可能性もあります。安心感という面では、なじみがあるだけ高まります。
ただし、迅速に対応してくれるかどうかは別問題です。修理が専門であればすぐ状況を改善してもらえますが、これから予定を立ててもらうとなれば、やはり時間がかかります。この点が修理を専門としている業者との違いで、緊急性が低いときに適した判断となるでしょう。

■管理会社経由で手配する

賃貸物件で水のトラブルが起きて困るようになれば、管理会社に連絡をして業者を手配してもらうことが大切です。賃貸物件では、設備は借りているものであり自分たちのものではありません。一定の管理をする義務はありますが、トラブルが起きたものを自分たちで修理する必要はありません。ただし軽微なトラブルは特約に修理義務がある場合には、自分で直さなければいけなくなる可能性があります。蛇口のパッキンが壊れ水漏れが続くといったものは、借りている側に修理の責任があると解釈できるでしょう。
最近では、緊急時にも対応できるように24時間の窓口を設けているところもあります。ただし、24時間対応している業者がすぐに来てくれるかどうかは、管理会社というワンクッションがあるため、事前に確認が必要です。
管理会社に連絡がつかなかったとき、緊急の場合は自分たちで修理をしてくれる業者を探す必要があります。時間がかかってしまうと、被害が大きくなる可能性も考えられます。この場合には、連絡がつかなかったことをはっきりとさせ、修理した内容などを記した書面を作成してもらうようにします。この書面がなければ、あとで管理会社との交渉が難しくなるパターンもあります。修理をしたとしても、その設備は管理会社の物のため、請求をまわさなければなりません。管理会社がおらず、大家さんがいるときにも変わりがないので注意しましょう。
問題は水のトラブルの原因が自分たちにあった場合です。極端な言い方をすれば、自分で壊したのであれば、原状復帰の観点から、修理をして元通りにする必要があります。修理費用も自分で持たなければならないので、大きな違いがあります。書面を発行してもらったときにも、経年劣化などでなければ、自分の責任が問われる可能性も出てきます。

■自分で手配をする場合
時間を掛けて改善する水のトラブルはほとんどありません。自分の責任の中で手配をする場合、一刻も早く困る状況を改善したいなら、修理を専門としている業者を選ぶのが適切な判断です。
修理を専門としている業者はいろいろとありますが、コールセンターなどの窓口が設置されているところも増えてきました。コールセンターに連絡を入れると、まず状況の確認が行われます。どこで何が起きているのか、被害の大きさなどを確認したのちに初期対応の指示をしてくれるため、知識がなくても安心です。自分の住所などを伝えて、営業範囲内であれば、そのままスタッフの手配をしてくれます。ここが重要で、営業範囲外になれば、どんな優れたところでもサービスは利用できません。事前にチェックが必要ですが、水のトラブルが起きている状況で調べるのは難しいため、何も起きていないときに目星を付けておくのが肝心です。
料金の確認もすることができます。ただし、ここではある程度の金額を知るレベルで、正確な内容はスタッフが現地に到着してからになります。目の前で調査が行われ、その内容で見積もりを作成してくれます。無料で作成するところもありますが、かなり調査に手間がかかるときなどは費用が発生する場合もあるので、確認をしておくと良いでしょう。ホームページなどで事前に確認をして、ある程度の予測をつけることも大切です。
支払い方法も調べておきましょう。いつも現金の持ち合わせがあるとは限らないので、クレジットカード払いやコンビニ決済に対応していると、緊急時に焦らないで済みます。いろいろと調べるべき情報がありますが、いつ起きるか分からないのが水のトラブルなので、普段から気にしておくことが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ