マンションで困る水のトラブル

■マンションで発生すると困る断水の理由

マンションで水のトラブルが起きると、多くの困る問題が出てきます。自分だけで問題を解決できるときもありますが、被害が隣家におよぶようなものになれば、責任をどうとるのかということも考えないといけなくなり、深刻な問題に発展しかねません。
断水が起きるようなときには、必ず原因が隠れています。ライフラインとして大きな問題を抱え、水が送られてこない状態は復旧も簡単ではありません。台風によって大きなインフラが被害をこうむり、水が出なくなるような例は起きています。これまでも震災のような大きな地震によって地盤がダメージをうけ、配管が曲がり機能しなくなったような事例もありました。そうなれば、マンションごと遮断されてしまう事態も発生するため、各戸に水はきません。
給水設備にトラブルが起きてしまうのも、断水する原因です。給水タンクがある場合には、ポンプでくみ上げて貯水しています。電気が止まったときにも、ポンプからの水圧が足りずに水が貯められなければ、タンク内を使いきった時点で断水するでしょう。
ほかにも設備の劣化に伴う点検のときもあります。管理側から点検している間は水が使えないと事前に連絡が入るのが一般的です。連絡があったのにもかかわらず見落としてしまっていたりすると、水が出ないことに気がつかない場合も考えられます。
水不足によって地域的に断水されたりするケースもありますが、トラブルではなく災害としての停電でも水がこない場合があります。この場合には受水槽などではなく、そもそも水が送りさせなくなっている状況です。雷でもこうした事態が発生する恐れがあります。雷によって、設備がダメージをうけると、停電と同時に断水したりするからです。このように、断水するという状態には、多くの要因があります。

■漏水したときには大きな被害を出す

水のトラブルで困るのが漏水です。マンションの漏水にも種類があり、それぞれ想定される被害があります。
激しく漏水してしまうのは、水道管関連です。水の供給が続く限り、圧送され続けて漏れ続けていくため、被害が拡大する傾向になります。マンションでは、はじめは同フロアに広がるだけですが、だんだんと下の階へと流れだし被害も出てくるため、1件ではなく広範囲になることもあります。下の階へと流れていけば、天井をはじめ各所から部屋に流れ込み、その水が少量でも家財にあたれば、損害賠償請求が発生していきます。
水漏れした発生場所によって、だれが責任を取るのかという大きな問題が残ります。責任の所在が最大の焦点で、水漏れを起こしたのが部屋であるなら、その住人に過失があったかどうかがポイントです。住人に過失が認められるのなら、発生した自分以外の損害に対して賠償しなければいけません。過失がないのであれば、建物の所有者に責任が発生します。
そのひとつが老朽化であり、傷んだことによって発生したと考えられるからです。こういった老朽化によって起こる問題は、住人に対処する方法がありません。所有者が検査や点検をしていれば、防げていたかもしれないのも、所有者に責任が問われる部分です。
漏水の問題は、だれの責任かはっきりしないことも出てきます。本当に老朽化といえるのか、過失といえるほどの問題であったのか、判定が難しい状態もあるためです。フロアの広さなどによっては被害が広範囲に発生する可能性があるため、保険に加入して備えておく必要があります。

■マンションに合わせた工法も多い
水のトラブルが起きたときに、大規模な工事を必要とする状態も出てきます。マンションで困るのは、各部屋でトラブルがあり修理が必要になった際に、全体に影響が出てくる可能性があることです。
配管の交換となれば、時間がかかる部分も多く、その間に使えない設備も出てくるため、相当な影響を覚悟しなければいけません。断水だけではなく、トイレやキッチンなどの使用が制限されたりします。大きな資材の搬入とともに、駐車場なども使えなくなるかもしれません。
破壊したりせずに、配管の状態をチェックしたりする方法もいろいろとあります。配管内にカメラを入れて、状態を観察し、問題のある部分だけ交換工事をすれば、時間もかなり抑えられるでしょう。費用的な負担も少なくなります。
排水管などでは、壊したりせずに内部の錆などを取り除き、エポキシ樹脂などでコーティングする方法も有効です。ライニング工法と呼ばれますが、大規模な補修工事の必要もなく、漏水などのリスクを下げます。もっと軽微な状態なら、一般の住宅用よりも圧力を高めてある高圧洗浄機を使って内部をきれいにするのも一つの方法です。工期も短くて済み、場所も狭い範囲のため費用もかかりません。
修理業者では、このほかにもいろいろな対策を持っています。予算に合わせた方法もあるため、状況や目的によってうまく活用することが、トラブル防止に必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ