メーターの変化からわかる困る水のトラブルと原因の追究

■メーターからわかる水のトラブル

生活していると、いろいろな水のトラブルが起きますが、気がつく原因にも種類があります。その中でも困るのが、水道料金の増加で気がつくケースです。水道料金の基本は、家庭に設置されているメーターを検針したときにどのぐらいの量を使ったのか判別して決まりますが、水漏れしたりしたものも含まれます。除外されるわけではないため、異常な量が検知される場合がポイントです。使ってもいない水量になれば、どこかで漏れ出していると考えられます。微量な水漏れは判別できないケースもありますが、水量が増えるのには必ず理由があります。
トラブルかどうか判別するポイントとしては、使う人数が増えたかどうかがあげられます。一時的な人数の増加は、水道の料金に影響を与えるためですが、季節によっても使用量は変化するため、覚えておきましょう。夏になると、庭などに水をまく量が増えるといったこともあります。だれかが帰郷してきて1ヶ月程度いた場合も水道料金に影響を与えるポイントです。請求が遅れてやってくるため、どんなことがあったのか振り返る必要があるでしょう。
微量なように見えて、実は大量に消費しているのが、トイレのタンクから便器に漏れているケースです。ちょろちょろと漏れている程度と思っていても、意外と大きな影響を与えているのは珍しくありません。驚くほどの請求がくるパターンもあり、見逃していると後悔します。
最も大きく変化するのは漏水です。漏れて流れ出てしている状態ですが、水道管から流れている場合には、止まらずにずっと漏れていきます。あまりに異常な数値が出ると、水道局から漏水の可能性に関して通知がくるほどです。

■目視からメーターの確認まで

漏水かどうか、確認の方法もいろいろありますが、最も簡単で確実なのは目視ですが、見えるところにあるかどうかが焦点になってきます。見える場所であれば、すぐに漏れている状況に気がつきますが、床下配管などは発見が難しいでしょう。普段見ないところにも目を配るのが大切です。意外と見落としているのが、外部にある給湯器で、たまたま見たら漏水していたということも珍しくありません。トイレのタンクから便器に流れ込んでいるときなどは、よく見ればすぐにわかります。少しだから大丈夫と思わず、困る前に早めの対処が大切です。
音も大切な要素です。水が流れていく以上、なんらかの変化が出てきます。そのひとつが音で、水が落ちるときや配管内に空気が入る音など、普段は聞こえない変化がポイントです。わずかでも普段とは違う水の音が聞こえたときには、老朽化の可能性を考えて、音源を追っていくといいでしょう。床下や壁の中などから聞こえたときには、点検を依頼したほうがいいでしょう。
水道メーターからの確認方法もあります。水道メーターで異常を感知できるので、その方法を使って調べるのは有効です。家の中で水を一切使わないようにし、水道メーターを見てみます。このときにメーターがまわっているようであれば、どこかで水漏れが起きている証拠です。ほんのわずかでも変化があるときには、さまざまな個所を調べて異常がないか確認してみましょう。原因になる部分を見つけるためには、乾燥しているはずのところに水が存在しないかなど、水のトラブルがないか探してみるのも得策です。

■深刻な問題になる前に
家の中などで、壁が濡れてきているなど、容易に手が出せない場所に変化を見つけられる場合があります。水のトラブルとして、なにが起こっているのかわかりませんし、どこに原因があるかも判別がつきませんが、まずは元栓を閉めましょう。水道の故障なら、元栓を閉めれば供給が止まり、漏れてこなくなります。どの設備から漏れてきているのかがわかれば、使用を中止し止水栓を閉めるという方法も取れますが、それも壁の中など目視できないと、区別がつきません。こうした処置をしたら、専門の業者に点検作業を依頼するのが大切です。何も壊さずに確認する方法もあるので、場所によって適切な方法を提案してもらうといいでしょう。
家の中で水たまりのような状態を見つけたときには、できるだけ早く修理を依頼します。戸建ての場合には、そのまま床下に流れていないか確認作業が必要です。構造的な部分にまで影響を及ぼすケースがあり、あとで後悔しても間に合わないほどのダメージを与えることも考えられます。木材が濡れてしまい、高い湿度が維持された結果、シロアリなどの害虫に侵食されて、構造材として使えなくなってしまうという問題になるかもしれません。小さな水漏れと思っていたら、実は深刻な問題を抱えていた例です。それが近隣の住宅にも波及する可能性も否定はできません。
水道料金の変化が、実は検針ミスだったということもあります。ミスで済まされない部分ではありますが、これをきっかけに自分の家の周りも含め点検してみることは、水のトラブルを見つける以外にも、さまざまな変化を見つけるきっかけになるでしょう。早めにトラブルを発見すれば、修理費用を抑えられるかもしれないため、困る前になにかあれば行動してみるのが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ