水のトラブルで困る価格の調べ方とは

■水まわりの配管設備のパターン

一戸建ての場合、屋内の配管設備には床下方式と壁方式のふたつがあり、それぞれにメリットや困るポイントが異なります。
床下方式は住宅の床下部分に給水管と排水管を格納し、元栓で接続する方式で、一戸建てにはよく見られるオーソドックスな配管のパターンとなっています。複雑な追加工事を依頼する必要がなく、トータルの価格が安くおさえられるというメリットがあります。また、排水についていえば、壁方式よりも排水管そのもののサイズを大きくできるため、水以外のものが流れたとしても水のトラブルが起きにくいという利点もあります。
壁方式は、壁面の裏側に配管設備を通すため、元栓の格納エリアなどがさほど目立たず、住宅のデザイン性が保たれるというメリットがあります。ただし、床下方式とは異なり壁面ごと修繕工事を施す必要があり、リフォームの場合にはやや価格が高くなる、というデメリットもあります。また、壁方式ではどうしても配管設備がコンパクトになってしまうため、水以外のものを流してしまうとつまりや漏れなどの水のトラブルが起きやすくなってしまいます。そのため、キッチンや浴室、洗面台など、水以外のものが流れてしまう可能性があるエリアの配管設備については、床下方式を選択したほうが耐用年数をより長くできる場合があります。
また、リフォームに必要となる各部品も床下方式のほうが価格は安くおさえられる傾向があります。一戸建てを大規模にリフォームする際は、それぞれのメリットデメリットを考えながら、コストパフォーマンス面も考慮するようにしましょう。

■水道管の素材でも価格帯が変わる

一般的な住宅で用いられる水道管の素材は、時代とともに変わってきました。住宅の水道管の素材といえばかつては銅管が主流であり、一般的な物件だけではなく企業のビルなどオフィシャルなエリアでも使われていました。
銅管は鉄でつくられており、物理的にも頑丈で耐用年数が長いという特徴があります。この特性を活かして昭和の時代までは水道管の素材としてもスタンダードに用いられてきました。ただ、鉄ということで錆びやすいため、水や外気に絶えず触れてしまう屋外の配管などではどうしても寿命が短くなってしまうという問題がありました。
錆びやすい銅管の弱点を克服するために普及しはじめたのが、樹脂製の配管設備です。樹脂製の水道管の場合、鉄材ではないため錆びによる劣化のリスクがなく、なおかつ素材自体がやわらかいため住宅の構造に合わせてある程度フレキシブルに配管が行える、というメリットがあります。
ただ、樹脂製の配管設備には熱に弱いというネガティブな特性があり、給湯器つきの洗面台や浴室など、熱いお湯を頻繁に流す可能性のあるエリアでは配管設備として適さない面があり、現在でも銅管と樹脂製の水道管がエリアの特性によって使い分けられています。
価格面で比較すると樹脂製の配管設備のほうがリーズナブルであり、定期的なメンテナンスもスムーズに行えるという違いがあります。水のトラブルが頻繁に起きて困る、ということがないように、一戸建ての購入やリフォームの際にはそれぞれの特性や価格面を考慮した上で慎重に比較検討しておきましょう。

■一戸建てとマンションの配管工事の価格の違い
一戸建てとマンションでは、水まわりの配管設備をリフォームする際の工事価格が異なります。一般的に、一戸建てのほうがマンションよりもトータルの工事価格が安く、なおかつ工事パターンの自由度が高い、という傾向があります。マンションや集合住宅で配管設備のリフォーム工事を行う場合は、工事価格やリフォームのタイミングのほかにも注意すべき項目があるためです。
一戸建てでない場合はまず、そもそもリフォームが許される住宅かどうか、ということを確認する必要があります。特に、自治体が管理している公営住宅では基本的に入居者側のほうにリフォームの権限はなく、たとえ個人の専有部分であってもむやみには改修や修繕を行うことはできません。一部の集合住宅では、賃貸物件であっても条件つきで配管設備のリフォーム工事が許可される場合があります。ただし、同じリフォームであっても、改修を行うエリアと範囲によっては、工事が許可されるかどうかの判断が変わってきますので、まずは住宅の管理会社にリフォーム内容について相談しましょう。
また、水のトラブルに限らず、修繕工事に関しては住宅の管理規約に詳しく明記されていることがほとんどです。管理規約を確認せずに勝手に配管設備をリフォームしてしまえば、後々トラブルになって困る状況にもなりかねないため、入居前の段階で規約を注意深く目を通しておくことが重要です。
一戸建てであっても、リフォームの仕方によってはかえって水のトラブルのリスクが高まってしまうということも考えられますので、必ず事前に専門業者に相談するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ