水のトラブルで困る元栓からの水漏れ

■経年劣化が原因のケースが多い

蛇口や配管のつなぎ目のところで水漏れが起きるのはしばしば見られます。しかし水の流れを大元である元栓で水漏れが発生すると、どうしたらいいかわからずに困るという人も出てくるでしょう。そもそもなぜ元栓で漏水してしまうのか、主な原因として経年劣化が挙げられます。長年同じものを使用していると、内部の部品が徐々に摩耗します。数ある部品の中には水が外部に出ないようにせき止めるものもあります。この部品が劣化している場合、せき止める力が失われ外部に漏れだしてしまうわけです。元栓をしっかり閉めているにもかかわらず、水が流れ続けているようであれば、何かしらの問題が起きていると思って構いません。
元栓は水道局が管理しています。自身の住まいを管轄している水道局に電話しましょう。そうすれば、規定に従った対応をしてくれます。また似たようなものとして、止水栓で水のトラブルが起きることもあります。この場合には水道修理業者に連絡するといいでしょう。いずれの場合でも、素人の手におえるような症状ではないです。自分で何とかしようと考えるのではなく、プロの業者にお願いする方が無難です。下手に素人がいじると、かえって症状の悪化することも考えられます。

■到着に時間がかかる場合には応急処置

水道局や業者のスタッフが現場に急行してくれれば良いのですが、そうスムーズに進まなくて困ることもあります。もし作業員が到着するまで時間がかかる場合、水道を放置していれば水の流れは止まらず、水のトラブルの被害はどんどん拡大します。水のトラブルが広範囲にわたると、集合住宅の場合階下の住民に被害を及ぼす、自宅にある設備がダメージを受けるなどの二次被害の恐れも出てきます。このようにすぐに修理できない際には、応急処置を行うことです。応急処置と言ってもそれほど難しいことは要求されません。元栓を閉めること、周辺の床を拭いて乾燥させることの2つです。このポイントを水漏れ発生に気づいてからいかに迅速に行うかが重要です。もしこの応急処置を怠ってしまうと、床材に水がどんどんしみ込んでしまいます。その結果、カビが生えたり床材の腐食を進めてしまったりするのです。業者が到着するまでの間に、この2つの処置だけは忘れずに行いましょう。
元栓は住宅によっては、そのままいじらないほうがかえって良い場合もあります。もし心配であれば、水道局に連絡した際に自分たちにできることはないか確認するといいです。行うべき対策があれば、その旨先方から指示があるからです。

■元栓の場所はどこか
元栓を閉めて応急処置をするといっても、肝心のその場所がわからなければどうにもなりません。どのような形態の住宅に住んでいるかによって、場所は異なります。常日頃からどこにあるかを確認しておくと、いざ実際に水のトラブルが発生した時に速やかに動けます。マンションやアパートの集合住宅で暮らしている場合、住んでいる部屋の玄関横に扉があります。この扉の中に設置されているはずです。水道メーターが目に入ったら、接続されているパイプを目で追います。すると青いハンドルが現れますからこれは元栓です。ここで注意したいのはハンドルが2つある場合です。これは自分の部屋と隣の部屋のものが一緒に収納されているためです。もし複数ハンドルがあれば、自分の部屋側の方を締めることです。
一戸建てで暮らしている場合、量水器もしくは止水栓と書かれているようなふたが敷地内のどこかにあるはずです。青や白などの金属製のふたです。このふたを開けると、大きなハンドルまたはつまみが見えてくるはずです。これを時計回りに回すと水は止められます。家庭によって位置は異なりますが、大半の物件は駐車場もしくは庭の隅に設置されていることが多いです。一度いざというときのために確認しておくといいです。
これから引っ越しを予定している人は、新居に入居する際早めに元栓の位置を確認しておくのがおすすめです。新居の場合、どこにあるのかわからないでしょう。前の住宅と似たような場所にあると思ったら、実は全く異なる場所にあって見つからないといったトラブルも起こっています。引っ越した当日に掃除しようとしたところ、水漏れが発生していてパニックになるといった事例は意外と多くあります。
上で紹介した位置については、あくまでも一般的な世帯に関するものです。すべての建物でそうなっているとは限りません。特にマンションやアパートの中には、一部特殊なところに設置されているケースもあります。例えばアパートで世帯数が少ない建物の場合、地中に埋まっている物件も時折見かけます。もしいろいろと探したけれども見つからなければ、管理人さんに聞いて確認をとっておくといいです。元栓を閉めていったん水の流れを止めて、水道業者を呼び必要な修理をお願いするように心がけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ