水のトラブルで困る隣人問題を解説

■隣人問題に発展する水のトラブル例

普段不自由なく利用している水が、とんでもない隣人トラブルに発展する事もあります。一軒家に住んでいれば多少の水のトラブルが起きたとしても、自分が困るだけで済みます。しかし集合住宅の中でも2階以上の階に住んでいるとしたら、隣人にしてみれば他人の水トラブルは大変な迷惑でしょう。
水のトラブルで多いのがお風呂やキッチン、トイレあるいは洗面所といった水回りで発生する、水漏れや詰まりです。排水管が破損して水がふきだし、床が水浸しになってしまう事があります。排水管のどこかで野菜くずや、油脂分の汚れが詰まっていた場合は、専門業者の力も借りなければなりません。古いタイプの賃貸住宅ですと、床の上に広がった水がそのまま床下に染みこんで、下の階で天井からの水漏れを引き起こします。一度くらいは便器にものを落とした経験があるでしょう。そのまま流してしまうと後から自分が困る事が起きてきます。
自分たちが見えている排水溝の先にSを傾けたような形の溝があって、そこに異物が詰まると水を流れにくくさせます。修理するには床板を外して、排水管を外さなければなりません。同様のことが、洗い場や洗面所あるいはお風呂でもおきます。髪の毛や石鹸くず、垢などがヘドロのように排水管の壁にこびりついたり詰まったりして、大規模な水漏れを引き起こせば隣人トラブルに発展します。
築年数が高い賃貸物件ですと排水管も経年劣化していますから、お風呂や洗い場のように湿度が高い空間ですと排水管に錆が生じて破損しやすくなる傾向です。

■水のトラブルに対する対処方法

いきなり水が蛇口から噴き出したり床に広がったりすると、動転して何をどうしたら良いのか分からなくなる人も少なくありません、まずは慌てずに水を止める処置をしておきましょう。あくまでも応急処置なので修理は専門業者に依頼します。賃貸住宅なら大家さんか管理会社に連絡するのが適切です。築年数のある古いアパートだと、排水管が既に傷んでいる事もあり、排水管が破損して水漏れを発生させる事もあります。水のトラブルはケースによっては隣人トラブルに発展し自分が困る事になります。早めに対処した方が無難です。
実際の修理は、業者がしてくれますが、住人がまず最初にする作業は、止水栓を閉める作業です。賃貸に限らずどの建物でも必ず設置されていますから、探しておきましょう。物件によっては屋外に設置されています。トイレや洗面所なら通常シンクや水受けの下に蛇口がついています。普段はほとんど触る事がないパーツです。
水が漏れているのかどうかはっきりわからない場合は、全ての蛇口を閉め、メーターが動いているかどうか確認する方法もあります。面倒な作業でも、水漏れの有無を確認したいのであれば、確実な方法でしょう。自分が気が付かない場所で水漏れが起きている時は、一気に水道料金が上がる事で気づく場合があります。親切な担当者が異変に気付いて教えてくれる事もあるでしょう。
もし止水栓の場所や使い方がわからない時は、業者が修理に来た時に確認する事もできます。水のトラブルで隣人に迷惑がかかり自分が困る状況に陥る前に、早期に気付く方が良いですから、日頃から意識しておく事も大切です。

■業者に依頼すべき水のトラブル
水のトラブルは見える形で起これば、すぐ気が付いて対応できます。やっかいなのは床の下もしくは天井裏や壁の中など、隠れた場所で少しずつ水漏れが起きている時です。一軒家など一世帯だけで住んでいるなら、自分が困る思いをするだけで済むことがほとんどです。集合住宅で水のトラブルが起きた場合は、最悪隣人トラブルに巻き込まれ、大変困る事態になりますから、要注意です。
上下水道管が古い状態ですと、破損したところから水漏れが起きる事が多々あります。自力での修繕はよほど水道管に詳しくない限り、難しいですから業者に依頼するのが妥当でしょう。上水道から激しく水が噴き出しているなら、本来は止水栓を自分で閉めれば、ひとまず水を止める事ができます。しかし止水栓がどこにあるのかわからない時は、すぐに業者を呼びましょう。これを教訓に次回同じ事が起きた時に、適切な対応ができるように、止水栓の位置や閉め方を確認しておく事をおすすめします。賃貸住宅は大家さんに管理責任があるので、業者への直接対応はいらないでしょう。しかし業者が到着するまでの時間のロスを考えて、止水栓の位置を聞いて閉めることで被害を少なくすることはできます。少しでも応急処置ができれば、それだけ無駄な水漏れを防ぐ事ができますし、隣人トラブルを未然に防ぐこともできます。
キッチンでの水トラブルは、排水溝から混入した残飯クズや油脂を直接流したゆえのヘドロが、排水管のどこかで詰まって困る事もあります。S字溝に蓄積されたゴミが多すぎて、水をせき止めてしまうのです。きちんと正しい管理ができていれば、未然に防ぐ事ができます。排水管内部でトラブルが悪化してしまうと、業者に依頼するしかありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ