水のトラブルで困る時に部品交換だけで解決できるのか

■家庭で起きるさまざまな水のトラブル

台所やトイレ、お風呂など毎日何人もの人間が大量に水を使用する場所は数多くあります。これら全ての場所に給水管から水を流す出口となる蛇口があるとともにその水を屋外へと排水するための排水管が設けられています。つまり、全ての場所で給水管からつながる蛇口からの水が漏れたり水が適切に流れなかったりする場合や排水管の詰まりや逆流などといった何らかの不具合が生じて困る可能性が常にあると考えていいでしょう。キッチンでは一般的な蛇口とは違った複雑な形状でレバーなどがついた蛇口が使用されています。また、お湯との混合栓であるだけでなく食器洗浄器や浄水器などに分岐されていることも少なくありません。機器の接続や水の流れなどが複雑であることから蛇口から勢いよく水が出ない、漏れるといったトラブルも生じやすくなります。また、油や食器洗い洗浄剤、残飯などで排水口や排水管が詰まりやすく逆流してシンクから水があふれるなど思わぬ被害が生じることもあります。キッチンではシンク下の排水パイプや排水管から水が漏れだすトラブルも多くなります。
トイレは給水管から供給された水を一旦タンクに貯めて使用するのが一般的です。給水管のトラブルというよりもタンク内のトラブルやタンクの破損、配管接続部の不具合による水漏れが生じやすくなります。また、温水洗浄便座の不具合や接続パイプからの水漏れも起きやすくなります。さらに、床と便器の接合部分の隙間から汚水が漏れ出して対応に困り慌ててしまうこともあるでしょう。お風呂は自動給湯器やガラン、シャワーなど複数の給水口があることから水漏れがしやすい場所です。また、体を洗った後の洗浄成分や体のアカ、抜け毛などが蓄積して排水口や排水管を詰まらせて詰まってしまうだけでなく逆流して脱衣所まで水浸しになるおそれもあります。このように、家庭ではさまざまな水のトラブルで困ることが多く、セルフによる部品交換や簡単な修理ではトラブルを解消することができない場合もあります。

■水のトラブルが起こったらセルフで部品交換すれば大丈夫?

水のトラブルにはさまざまなケースがありますが、そのなかでも蛇口の不具合や配管の接合部分のトラブルなどはナットやボルト、パッキンなど部品が緩んだり劣化したりして問題が生じることがあります。蛇口をきつく閉めてもポタポタと水が漏れてしまう場合は、セルフによる部悲観交換によって症状を改善できることも少なくありません。ホームセンターや専門店などに行くと水道トラブルを解決するための部品や道具などが揃っています。DIYの経験が豊富な人であれば簡単な補修なら自分でやった方が費用も安く抑えられると考えるのも当然でしょう。パッキンなどを新しい物に替えるだけの修理なら自力でできるかもしれません。しかし、パッキンが劣化しているということは配管などにも寿命が来ている可能性もあり、今後他のトラブルが起こらない保証はありません。
また、素人は水道に関する知識や技術が不足しているため、水のトラブルの原因が理解できないだけでなく、間違った処置によって不具合が起きた状態よりもさらにトラブルが拡大してしまう可能性もあります。壁や床などの埋め込まれている配管にトラブルが生じた場合には個人で補修できる範疇を超えてしまうでしょう。トイレタンクの外側のひび割れから水が漏れている場合は防水加工された補修用テープを使って応急処置はできるでしょう。しかし、タンク内に破損がある場合は素人の手では補修できません。専門業者に依頼すれば簡単な修理や交換で済んだのに、触ってしまったために新しく買い替えなければならず結果的に費用が高くなってしまうこともあります。水道に関連する修理や工事には専門的な知識や高い技術力、そして経験が求められます。セルフ修理には限界があり、慣れないことをすることで現状よりも状況が悪くなることもあります。早い段階で専門業者に依頼した方が安心で費用も安く抑えられるでしょう。

■水のトラブル解消は簡単な部品交換や簡易的な修理では済まない場合もある
マイホームも築年数が経つとさまざまな劣化がみられるため定期的なメンテナンスが必要です。水道の部品や配管も耐用年数がある消耗品であり、、半永久的に使用することはできません。蛇口などの不具合が起こった場合は簡単な交換で済ませられますが、目に見えない配管の劣化や破損などにはなかなか気づくことがありません。水道局による漏水の指摘やいつもよりも大幅に高い水道料金の請求を受けてそのとき初めて屋外配管の異常を疑うこともあります。さまざまなトラブルに対応している専門業者であれば詳しい調査で原因をはっきりさせることができます。また、状況に即した適切な対処法を提示することができ、顧客とコミュニケーションを図りながら解決することができます。
水のトラブルで困る際でもなるべく費用や手間をかけないことを優先してしまうのも当然です。しかし、適切に処置しないことで被害が拡大し思いもよらないような重機を使った大規模で費用がかかる工事の必要に迫られることもあります。水のトラブルは軽くとらえるのではなく、万が一のことも考えてあまり気にならない症状のときにこそ専門業者にみてもらうようにしましょう。築年数が経っているのであれば水道設備の見直しがマイホームの見直しにもつながり、リフォームで快適な生活を手に入れられる良い機会となる可能性もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ