水のトラブルで困ったときは出張修理に依頼

■水のトラブルの応急処置

対応方法がわかれば、困ることはありません。さまざまなことに当てはまりますが、水のトラブルということでは、なかなか対処方法が出てこないのも当然です。経験があればどんなことをするべきなのかが見えてきますが、そうそう起こるものではないため、どうしても知識が蓄えられていないことから、対処方法に困ってしまう状況です。その中でも、自分でできることはなにか、知っておくとトラブルの対応が早くなります。
業者に依頼する場合でも、いったいどのような対応をしたらいいのか、速やかに行動できるようになります。対応ができるようになれば、その分行動も早くなり、被害の拡大を抑えられるのは当然です。そのひとつが止水栓を閉める方法ですが、どこにあるのか確認しておくと間違いありません。水道管から設備に接続されている間に設置されますが、中には設置されていないケースもあります。お風呂場が代表的ですが、ほとんどの家庭で取り付けられていないか、みえないところに配置されているためです。止水栓が見つけられたとしても、簡単に閉められるとは限りません。特別な工具も必要なく閉められるものもあれば、マイナスドライバーで対応できる場合もあります。中には特殊な工具が必要なケースもあるため、対応できる範囲かどうかを調べておくことが大切です。
止水栓が見当たらない場合には、元栓を閉めてしまえば問題ありません。水道のメーターの場所がわかれば、その隣に設置してあるため、閉めて対応できるように調べておくといいでしょう。ただし、関係のない設備への水の供給も止まるため、生活に支障が出ないかしっかりした状況判断のもとで閉める必要があります。

■出張してくれる業者に依頼

業者に依頼する場合には、出張に来てくれるかどうかを確認しなければいけません。小さなところでは、対応に時間がかかってしまい困る場合もありますし、営業範囲外になることもあります。全国展開しているような経営規模の大きなところであれば、離島などでなければほとんどのケースで対応できます。特殊な場所にある場合には、問題のない平時に連絡し、出張対応できるか確認しておくのも、いざというときのために大切なことです。
連絡を入れたら、基本情報を伝えます。どんな症状が起きているのか、その場所はどこなのかを伝えつつ、名前や住所、連絡方法といったことを伝えていきますが、どうしても焦ってしまう状況です。それでも落ち着いて伝えることがなによりも大切ですので、できるだけわかりやすく落ち着いて話していきます。内容が確認できたところから、内容に適したスタッフの手配も始めていきますが、ここで出張ができるかどうかの判断が可能です。スケジュール的な問題もありますが、連絡から1時間対応を心掛けている業者もありますので、急ぎのときにも使える業者を見つけておくのも大切です。緊急性のある場合は具体的な内容についても伝えておきましょう。
スタッフが到着したら、処置をしながら、見積もりの準備をしていきます。現地で調査して、必要な事項を記入して見積もりを作りますが、基本は無料です。中には有料というところもありますが、かなり異例な存在といえるでしょう。どうしても解体して調査が必要など、時間がかかる場合には、その調査にかかる費用も見積もりとして提出してくれるのが基本的な業者の姿勢です。
見積もりを見て、内容に問題がないと判断した場合には、契約となります。この契約を持って、修理というサービスをスタートすると考えれば問題ありません。逆に見積もりも書かずに本作業をするようであれば、かなり危険な状態となるため、断ることも必要です。

■自分でも対処できる場合がある
水のトラブルの状況によっては自分で対応する方法もあります。修理できる箇所は自分で修理するのは、良い判断ともいえるでしょう。家庭内にある水回りの中でも、さまざまな場所がDIYなどで対応できますが、代表的なのが水道の蛇口です。消耗品を交換するだけで、水漏れの修理ができる場合もあります。あまりに本体の劣化が進んだ場合には交換も必要ですが、消耗品はマニュアル等にも交換方法が書いてありますし、調べるといくらでも情報が出てくる部分です。
ほかにもトイレのタンクのフロートバルブも難しい作業ではありません。わざわざ出張依頼をするほどのものではなく、すべての水が流れてしまうような事態でなければ、緊急性はそこまで高くありません。止水栓を閉めて、フロートバルブを外し、ホームセンターで購入して交換するという流れで十分対応できます。このフロートバルブもゴムでできた製品であり、パッキンのようにすき間を作らず、水が漏れてこないようにしています。タンクの最下部にあるパーツでもあり、これをレバーで開くことによって水が流れる仕組みです。ゴムとして、性能が落ちてきてしまうと、やはり水を止められなくなります。ちょろちょろと漏れてくるのも、このフロートバルブが原因の場合が多いため、交換して新しくしておけば、心配はかなり軽減できるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ