水のトラブルで詰まった原因

水のトラブルの中で水漏れ以外で多いことは、詰まってしまったということではないでしょうか。詰まってしまうと使えなくて困ってしまうだけではなく、衛生面でも心配です。そんな時の対処方法を知っているとすぐに解決することができるのでとても便利です。詰まった原因を考え、解決できるように未然に防ぐか、対策を用意しておくようにしましょう。

■トイレの詰まった原因と対策方法

トイレで起こりやすいのは子供のおもちゃや携帯電話、掃除用品のキャップなどを誤って流してしまうことです。このような溶けないものを流してしまった場合、便器の奥は見ることができないのでラバーカップなどで吸い上げるようにしましょう。トイレの詰まりを放置していると水が流れずどんどん溢れ出てきてしまいます。汚物などの逆流にも繋がってしてしまうことになりますので放置しないようにしましょう。
トイレットペーパーなどの紙類が詰まった時は、紙を溶かす専用の薬品などを使用して詰まった状態を改善することが必要です。自宅にあるものですとお湯や重曹、酢などが改善に効果的です。

■お風呂の詰まった原因と対策方法

お風呂の排水溝が詰まってしまうと、水が流れなくなったり、水が逆流してしまうことがあります。お風呂で起こる水のトラブルはこのようなことが多く、詰まった原因は大きな物を流してしまった以外では髪の毛や洗剤などのカスが原因です。お風呂の排水溝にはゴミを流さないようにするためのヘアーキャッチャーが設置されています。しかし髪の毛は細い為ヘアーキャッチャーをすり抜けて排水溝に流れてしまうことがあります。その流れてしまった髪の毛にシャンプーや洗剤などのカスが付着し詰まった状態になります。
この詰まりを直すには、専用のワイヤーや薬品を使って詰まりの元となるゴミを取り除く必要があります。目では見えない奥の部分が詰まっていることもあるため、自分で掃除をしても直らない時は業者に依頼するようにしましょう。入浴後に毎回排水溝の掃除などをしておくとゴミが溜まりにくくなり、詰まりを防ぐことができるようになります。

■まとめ
水のトラブルで詰まった状態は、トイレやお風呂以外でも起こりやすくなっています。誤って物を流してしまった場合を除いては日ごろの掃除で詰まりを防ぐことができますので、料理をした後や、入浴後、手を洗った後など気づいた時に掃除をするようにしましょう。排水溝には洗剤のカスなどをエサにして雑菌が繁殖しやすいので、掃除を怠けてしまうと雑菌が繁殖しヌメリの原因にもなります。これも詰まりの元になりますので注意が必要です。
誤ってものを流してしまった時は、無理に水を流して流そうとせずにすぐ業者を呼んだ方が取り出しやすく、排水溝を傷つけてしまうこともありません。これらを参考に、快適な生活を送れるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ