水のトラブルは隣人を巻き込んで困ることもある

■水のトラブルでは加害者にも被害者にもなりうる

水のトラブルは自分だけではなく、隣人も関係してくることもあります。集合住宅の場合は戸建てと違って他の住人もたくさん暮らしています。そのため、自分の部屋で水のトラブルが起こると自分が困るだけでなく、ほかの住人の部屋に被害が広がることでその部屋の住人も困る状況に陥ります。その逆も考えられるのです。
自分が被害を与えてしまったときは、先に止水栓を閉めて水漏れを食い止めます。次に濡れてしまったところをタオルで拭いたり、新聞紙を敷いて余計な水を吸い取るなど最低限の応急処置を施しましょう。
そのあとは建物を管理する管理会社もしくは大家さんなどに連絡を入れて、水漏れの状況を報告します。建物を管理する側で修理業者を手配することもありますし、こちらで手配するよう指示されることもあります。
水のトラブルの原因が建物が古くなったことがハッキリしている場合は、修理にかかる費用は建物の管理者が負担することになりますので、必ず連絡を入れることを忘れないようにしてください。
自分が被害にあってしまった場合、やはり同様に建物の管理者に状況を説明します。どこから水が漏れているのか分からない状況ですから、まずは現状を伝えるためにスマホなどで被害を受けた場所の写真を撮っておきましょう。
管理側で水漏れがどこから起きているのか原因が特定されたら、被害を受けたものすべてを賠償してもらいます。余計なトラブルが起こるのを防ぐため、相手と一対一で話し合うのではなく、建物の管理者を間に挟んでその後どうするのか話し合いを進めるとスムーズです。

■建物によって変わる対応

水のトラブルが集合住宅で起きて困ることは珍しい状況ではありません。もしも自分の身に降りかかったときに早急に解決するためにも、集合住宅と戸建てでは対応の仕方が違うことを理解し、普段から必要な情報を収集しておきましょう。
一般的に戸建てで水のトラブルが起きた場合は、よほど大きなトラブルでない限り隣近所に被害を与えることも逆に被害を被ることもほとんどありません。個人で修理業者に連絡を入れて、点検や修理を進めていきます。そうした対応による自己解決によって、基本的にはすべての水トラブルが解消します。
複合住宅や賃貸住宅の場合は、まず建物の管理者に連絡を入れましょう。ここで気になるのはトラブルの責任の所在です。その部屋の住人が注意義務を怠ったことが要因であったり、専用部分でトラブルが起きた場合はその部屋の入居者に責任が課されます。建物が古くなったことが原因の場合は建物を管理する側に責任が生じますので、部屋の住人は修理費を支払う必要はありません。部屋の住人なのか、それとも隣人か管理者か、責任の所在がどこにあるのかハッキリさせることは、支払い義務がどこにあるのか突き止めるために大切なことと覚えておきましょう。これは分譲マンションでも同じことが言えます。
突発的に起きてしまう水のトラブルも、その部屋の住人に責任が生じてしまいます。近隣の住宅に被害を与えてしまった場合、自宅の修理に加えて更にたくさんの費用が発生してしまう可能性もあります。被害がこれ以上広がらないためにも、少しの水漏れも軽く見ないで早急に対応することが大切です。

■雨どいのトラブルが起こることもある
水のトラブルで困るのは家の中で起こるトラブルだけではありません。また、戸建てでも隣人トラブルが起こる可能性もあるのでもしものときに備えて役立つ情報を確認しておいてください。
たとえば雨どいによる水のトラブルは珍しいものではありません。意外に思われるかもしれませんが、戸建てのはずなのに自分だけの問題ではなくなるケースがあります。特に隣と自分の家の間が密着している場合、雨どいが家の敷地から外れてしまい、これによってトラブルに発展するケースが見受けられます。
敷地面積ギリギリに建物を建てた場合、屋根の位置によっては雨どいが敷地から超えてしまうことがあります。それなら未然にトラブルを防ぐために雨どいをつけなければいいのではと思われがちですが、これでは屋根の先から隣の敷地に雨水が滴り落ちることになるので、結局トラブルが起きてしまいます。また、雨どいが壊れたことによって被害を与える、逆に被害を被ることも考えられます。雨どいに枯れ葉などのゴミが溜まり、本来流れるはずの雨水が雨どいから溢れてしまうケースです。
どちらの場合も早急に対応しなければなりません。雨どいが敷地を超えてしまう場合は建物を施工した業者に相談をして問題解決につなげましょう。もしも雨どいに不具合が起きている場合はそれを解消することでトラブルを改善できますので早めに専門業者へ依頼します。ゴミの詰まりなどは日ごろからこまめにゴミを取り除くことでトラブルを予防できますから、定期的に雨どいのチェックをすることも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ