水のトラブルの修理に火災保険が適用されるケース

■同じ水のトラブルでも水災と水濡れでは補償内容が異なる

火災保険と言えば、火災時に補償を受けられる保険という点では間違いないのですが、実は契約内容で補償の可否が細かく決められています。対象になっていなければ半分燃えようが全部燃えようが補償は受けられません。家が燃えてしまい、建物だけでなく家具も焼失してしまっても建物分しか対象にならなかったという話もよくあります。
加入しているタイプによって、水のトラブルに関しても修理代金が保険金で支払われます。ポイントは水災や水濡れが契約内容に含まれているかどうかです。
水災は災害で建物などが被害をうけたときに、条件により建物だけ、家具だけ、建物と家具と3つのパターンで判断されます。しかし水災の加入だけではトイレの水漏れ修理は適用外とされています。
トイレや給排水設備関連の修理の時に適用されるのは、水濡れの補償が付いている場合です。給排水設備とは、例えば水道管や排水管、トイレなどの思わぬ事故です。この思わぬという言葉が重要で、部品が老朽化しているのに交換せず放置した結果水漏れした場合には適用外となります。また洗濯機やお風呂場での事故に関しても、洗濯機本体や浴槽などの修理や買い替えには保険金が出ません。湯船に水を貯めている間うっかり寝てしまい溢れさせたときも対象外とされることがほとんどです。
水濡れや水災の火災保険に加入しているご家庭でも、契約している内容を再確認しておくといざというときに慌てずにすみます。また加入を無駄にしないために水回りの定期点検を行うことも必要です。

■火災保険の補償内容の確認は必須です

火災保険が適用されるのは予測不能な水のトラブルが生じたときの修理費用です。水濡れ補償に加入していて、尚且つ対象に含まれる物だけに適用されます。水災は自然災害がメインになっているので、トイレやキッチンなどのトラブルには保険金が支払われないことがほとんどです。
水のトラブルが起こったら、まずは保険会社に確認の電話を入れて適用の不可を確認すれば間違いありません。しかし実際にトラブルが生じたとき、状況を解決しようと修理のために専門業者を先に呼ぶこともあります。そのような場合は、専門業者が到着するまでに被害状況を写真で撮影しておくと後で役に立ちます。また日時や状況をできるだけ細かくメモしておくことも大切です。状況によっては保険会社から調査が入ることがあります。本当に予期せぬトラブルだったのかここで判断されるのです。
以前修理したときに、専門業者から部品の交換を提案されたにも関わらず交換しなかった時などは、予測できたと判断されます。居住者の不注意によって生じた事故や経年劣化による事象も対象外となります。例えば水回りにはパッキンなどのゴム製品が使用されていますが、これは消耗品なので定期的に交換していなかったりすると、予測できたはずと判断され補償が受けられません。補償内容は契約会社によって、加入プランによって内容がかなり違っています。まずは水漏れが付いているのか、対象はどこまでなのかを把握しておくべきです。

■トイレの修理で火災保険が適用されないケース
トイレの修理だけに限ったことではないのですが、水濡れの補償を付けていても水のトラブルで保険金を受け取れないことがあります。例えば、給排水設備の事故が予測できるものだと判断されたときです。予測できる事故なんてありえないと思われるかもしれませんが、DIY中に起きた事故だったらどうでしょう。会社やプランごとの判断にはなりますが、素人が触っていた時に起きたトラブルとなると心証は悪いです。他にも長年交換していないゴムの部品の不具合も対象外である可能性は大きいです。水回りの改装はプロに相談した方が安心です。劣化の判断も素人では分かりにくいところがあるので、専門業者に定期点検をしてもらっていれば、補償の対象になる可能性もぐっと上がります。
また対象を何にしているかにもよっても違います。建物だけに付けている場合、壁や床の修理にはよくてもその周辺の家具の破損などには使えません。また家具だけに付けていると、壁や床の修理にはつかえません。何に対して付けているかによって違うので一見ややこしそうですが、契約書等を隅々まで読めば必ず記載があります。
もう一点気を付けないといけないポイントは、豪雨などによって下水になんらかの異常が生じていたかどうかです。下水の関係でトイレなどの水回りがトラブルになることがありますが、その直前に豪雨などの自然による災害が発生していた場合には水漏れは適用されません。水災の適用になるのです。自然災害の影響の有無に関しては調査対象になりますので、覚えている範囲で状況をメモに残しておきます。
いずれも契約時に説明は必ずありますし、契約書にも記載があることなので、火災保険に加入するときはまず内容を確認してから入る必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ