元栓の水のトラブルで困る事例について

■元栓は水道設備全体の要

私たちが日常生活において、自宅や自らが管理する施設の元栓の存在を意識する場面は、それほど多くないかと思われます。ですが屋内外の水道設備のどこかで、突然噴水などの水のトラブルが発生した際に、最も手っ取り早い応急処置が、元栓を閉める対応です。室内や附近一帯が水浸しになって困ることのないように、場所の確認と正しい扱い方を確認しておきましょう。その上で緊急時に速やかに閉栓できるよう、適正な施設管理に注意を払う姿勢も大切です。
一方で私たちが見過ごしがちな傾向が否めないのが、元栓にトラブルが生じるリスクです。常に強い水圧がかかり、大量の水が流れ続けている元栓部分は、相応の太く強固な水道管が用いられ、それぞれのパーツもそれに準じていますが、屋内外の他の水道設備同様、経年劣化が避けられません。綺麗な水道水が流れる管の内側にも、錆の発生や不純物の堆積は避けられません。
また水道の蛇口とは異なり、普段ほとんど動かさないハンドル部分が、錆や汚れなどの付着により、凝固してしまう事例は少なくありません。緊急時に回すことができず、水流を止めることができなければ、漏水状態が続いてしまい、ただ困るばかりの時間が流れてしまいます。こうしたリスクを回避する意味でも、定期的に蓋を開けて状態を目視確認し、実際にハンドルを回してみる点検作業をおすすめします。
水道施設の要であるこの部分に不具合が生じると、緊急対応で駆けつけた専門業者も、速やかな初期対応に窮し兼ねません。まずは不具合のみられる元栓の修復からの着手となれば、想定していた以上の作業が必要となり、費用面の負担も当初の想定より大きくなってしまいます。水道水を用いた日常生活の心臓部分であると捉え、トラブルが起きたときに速やかに動かすことができる環境を整えておきましょう。

■トラブルに潜むリスク

元栓が絡む水のトラブルは、時に甚大な二次的被害を招くリスクが潜んでいるため、常日頃から未然に防ぐ注意が必要です。頻繁に生じる事例ではありませんが、突然の破損により、この部分を通過する水流が遮られてしまい、建物内外への水道水の供給に支障が生じます。一般的に、3階の高さまでは浄水場から水道管を通って供給される水圧で、ポンプなどを使用せずにダイレクトに届く設計が採用されています。ですがこうした不具合が生じると、上層階に十分な水道水が到達できません。日常生活に支障が生じる、マンションなどの集合住宅で事例が確認されるトラブルです。
次に元栓からの水漏れが地面に染み込み続け、建物の土台その他が慢性的に湿気を帯び続ける危険性もあります。木造住宅の基礎部分の腐食、湿気による害虫などの発生、慢性的な水分過多により植栽の根の部分が腐ってしまうなど、深刻な二次的被害が懸念されます。滅多に目視確認しない設備だけに、発見が遅れがちになるのも問題です。
室内の蛇口関連とは違い、元栓関連のパーツ類は、すべてがホームセンターなどで自己調達できるとは限りません。規格もさまざまで、豊富なパーツを常備している専門業者への対応依頼が必要です。トラブルの発生個所次第では、集合住宅全体が一時的に断水する状況も想定されるため、修復作業に際しての事前の告知など、細やかな配慮が求められるケースも想定されます。こうした部分にも迅速かつ的確な配慮ができる水のトラブルの解決実績が豊富な業者を選択することで、連鎖するトラブルを防ぐことも大切です。

■素人判断による応急処置がNGの理由
元栓が関係する水のトラブルの初期対応に窮した際には、素人判断で余計な手を加えたりせず、一刻も早く専門業者に出張対応を要請してください。多少腕と知識に自信を持つ人が、手元の工具類だけで無計画に応急処置を施そうとすると、予想外の水圧で周辺に甚大な被害を広げるばかりか、自らがケガを負ってしまうリスクもあります。室内の水道管の水流とは、すべてが桁違いであることを踏まえ、まずは不具合の発生を、周囲の人たちに知らせる現地対応が望まれます。
つぎに中途半端な素人対応が、到着した専門業者の作業にとって余計な作業となってしまう可能性があげられます。実績を有する業者に出張を依頼した際に、スタッフが現地に到着するまでに為すべきことや、及んではならない行為の説明と指示があった場合はこれらを無視してはなりません。不安感から何らかの処置を施したくなりますが、周辺の安全確保を最優先に、スタッフの到着を待つ姿勢を徹底してください。
あらゆる水のトラブル解決で評判の専門業者は、自社の公式ホームページ上で、こうした注意点など、私たちが踏まえておくべき基礎知識を紹介しています。より具体的にわかりやすく解説されていれば、それもその業者の確かな経験値と実績を物語っています。時と場所を選ばない水のトラブルに備える意味でも、こうした配信を参考にして、必要な基礎知識を備えると同時に、緊急時の連絡先をチェックしておくと良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ