シンクの水のトラブルに困るときは水道修理業者に相談しよう

■シンク排水管が詰まってしまう3つの原因

食器などを洗ったときの油は、排水管の内部にカスが残って困ることがあります。とくに、水で食器を洗うことが多い場合は、油汚れが排水管の内部に溜まってしまい、つまりが生じやすい状態になってしまいます。
油汚れがたまるのは、ある程度はやむを得ないことかもしれませんが、症状が酷くなる前に専門の業者に相談して、排水管の中の状態を確認してもらい、点検をしてもらうことがおすすめです。
普段の食器洗浄などでシンクを使用するときは、できる限り油や食べ残したものを取り除いてから洗い物をすると、清潔に保つことができます。食材の残りを排水管に流してしまうと、それが排水部分の途中で引っかかって詰まりの原因となってしまうことがあります。
ゴミを捨てるのが面倒だからといって、排水管に何でも流そうとするような考え方をしていれば、あっという間に水が流れなってしまうでしょう。排水管の中が汚れていて、小さな食品カスが流れにくくなっていることもあるので、手が届く範囲に関しては、できるだけ清掃に力を入れることでつまりの予防になります。
排水管の詰まりでは、割り箸やつま楊枝、ストローなどがゴミとして見つかることがあります。故意に割り箸やつま楊枝などを流す人はいないでしょうが、うっかりでも排水管の中に入ってしまうと、取り除くのが大変になることもあります。異物を流してしまった事に気が付かなければ、その異物に汚れがたまり、水の流れを悪くします。
日頃から排水管の内部に食品のカスなどが入り込まないように配慮して、きれいに使うことが大切です。万が一、つまりの原因となるようなものが流れ込んでしまったら、面倒でも必ず異物を取り除くという意識で対処するようにしましょう。

■シンクの水漏れが生じてしまう原因とは

食器などを洗う際に乱暴に物を放り込んでしまうと、シンク本体が損傷して、そこから水が漏れてしまうケースがあります。とくに先がとがったものや鍋などの硬いものを投げ入れてしまうと、破損による水漏れにつながります。
たとえ本体が頑丈そうに見えたとしても、丁寧に扱うことが重要です。裏側から見て、水のにじみや漏れがあるときは、できるだけ早めに何らかの対策を講じるようにしましょう。水漏れを放置してしまうと、流し全体が腐食することもあるので、とくに細心の注意が必要となります。
排水管のつなぎ目に水のにじみや漏れがあるときは、老朽化が原因であることがほとんどです。もし、排水管のつなぎ目の水漏れがあったときは、そのまま漏れた状態で放置しないことが大切です。老朽化によるものである場合は、排水管のつなぎ目以外にも問題が発生していることが原因として考えられます。
プロにシンクまわり全体を点検してもらい、まとめて修理をしてもらえば、その後、数年間はトラブルを気にせずに使えるようになるでしょう。
地震の発生によって、排水管にヒビが入るなどして水漏れをすることもあります。大きい地震があった後は、水周り全体をひと通り点検をして、異常があったときは、すぐに水道修理業者に見積もりをしてもらうようにしましょう。とくに、シンクにお湯を供給している給湯器のトラブルは、危険を伴うことがあるので早急に対応する必要があります。間違っても、トラブルが生じたまま使い続ける事だけは、しないように心掛けましょう。

■シンクの水のトラブルが生じた時の対処法
予算的に専門の業者に依頼することが難しい場合は、DIYで直すことができないか検討することになります。必ずしもDIYにメリットがあるかはについては、することによって被害を少なくすることも考えられます。ホームセンターなどで修理の手順を教えてもらい、解決できる場合もありますが、難しそうだと思ったときは、迷わずにプロの専門業者に依頼するのが良いと考えられます。専用工具や部材をそろえるだけでプロに依頼する以上にコストが発生することもあります。DIYをする費用対効果やリスクなどを総合的に考えてから、自分でするかどうかを判断しましょう。
水のトラブルを自分で解決するのは困難な場合が多いので、水周りの工事ができる業者に依頼をしてしまうのが簡単です。修理業者に依頼をするには、多少の費用が掛かりますが、費用さえ支払えば手間がかからないので楽だという捉え方も出来ます。
また、プロの水道修理業者に相談をすれば、修理よりもリフォームの方が良いと教えてもらえることもあります。最適な提案をしてくれるので、それについてだけ考えればよくなります。
シンクの水トラブルを放置するのは、あまりおすすめしません。キッチン全体が不衛生になることもあり、水漏れで床などが濡れて周辺が腐ることにより、より大掛かりな修理が必要となって困ることがあるからです。
水トラブルの内容によっては、放置しておくのが危険な場合もあります。修理を依頼するかどうかは、見積もりのあとで判断することもできますので、まずはプロに現場を見てもらい、修理の概要を確認してから決めると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ