水道の水のトラブルに困る前に役立つ豆知識

■もしも厳しい冬に水道が凍結したら

一年を通して、どの時期に水のトラブルに見舞われるかなかなか予測はできません。ただし、その時期に起こりやすいトラブルがあるとすれば、未然に防いだり対処することができるはずです。
例えば寒さ厳しい冬になると、水道が凍結して困ることがあります。使いたいときに水が使えないのはとても不便ですから、そのときに慌ててしまわないように凍結に関する予防や対策の方法を知っておきましょう。
凍結を予防するために、蛇口を少しだけひねって少量の水を出し続けるという簡単な方法があります。一晩通して水が流れるので凍結を防ぐことができます。出続けず水をそのまま排水口に流すのはもったいないのでバケツや鍋などを受け皿にするといいでしょう。ただし、キッチンならこの方法でもいいですが、トイレや洗面台などは難しいので、部屋を全体的に温めることで凍結を予防することができます。
もしも凍結が起きてしまったら、日中の温度が上がることで凍った水が溶けるのを待つしかありません。ただし、水が凍って膨張することで水道管が破裂する恐れがあります。できるだけ早く改善する必要がありますので、凍結している場所にお湯をかけてみてください。ただし熱湯を直接かけるのではなく、最初にタオルを巻いてから45度から50度ぐらいのお湯をゆっくりかけましょう。熱いお湯を直接かけるとかえって破裂させる恐れがあるので注意しましょう。
そのほかドライヤーで温める方法も効果的です。それでも解決できない場合は凍結トラブルに対応してくれる専門業者に相談しましょう。

■トイレの凍結トラブルに役立つ豆知識

水のトラブルには色んなタイプがありますが、もしもトイレが凍結したら大変です。水道のトラブルに困る症状のひとつに凍結があります。キッチンはお湯を使って温めるなどの対策ができますが、トイレにお湯を流すわけにいきません。トイレ内を温めるなどの解決法によって解消されますが、凍結させないための予防策をぜひ覚えておいてください。
まず一つ目が水抜きです。トイレ本体はメーカーによって仕組みが違うのでそれに伴い水抜き法も違います。説明書に水抜きのやり方が書いてあるのでそちらを参考にして実践してみてください。基本的に覚えておくといいのは先に止水栓を閉めてから給水を止めて、ボタンを押したりレバーを回すことで水を完全に流してください。水の元栓を閉めれば大丈夫と勘違いしている方が多いようですが、元栓を締めただけでは管の中に水が残ってしまい凍結するので注意しましょう。
そのほか便器にヒーターの機能がついている場合は、先ほどの水抜きをしたあとにヒーターのスイッチをオンにしたまま過ごしてください。これで水抜きだけより効果的に凍結対策が施されます。ただし、長い間家を留守にする場合にこの方法は避けてください。家に誰もいない状態が長期間続く状態でヒーターをオンにしたままだと電気代がかさみますし、火事を予防する意味でも必ずヒーターはオフにしてください。
もう一つが凍結防止剤の使用です。便器は封水といって底の部分に水が溜まる仕組みになっていますが、これが凍結すると便器本体の故障に繋がるので、市販されている凍結防止剤を使用して封水が凍結しないよう対策を施しましょう。

■トイレに必要な水はどのぐらい?
トイレには様々なトラブルが巻き起こりますが、万が一に備えてトイレの水が流れないときの対策を知っておきましょう。自然災害などによって断水がおきたとき、バスルームの湯船に水を溜めておくこと飲み水以外の様々な用途に使用できます。
トイレも同様で、バケツで水を汲んで便器に流すことで一時的にトイレが使えるようになります。ちなみに一般的に一度のトイレの使用で使う水の量は5リットルから6リットルであることが多いです。しかし、これが1990年代ごろのトイレを現在も使用している場合、使用水量はおよそ倍の10リットルから13リットルほどにもなります。家の中にある水回りの中で一番多く水を使う場所がトイレです。さらにその家に暮らす家族の人数が多ければ多いほど、比例して必要な水の量も増えていきます。水を使用する場面はトイレだけではないため、断水に備えて浴槽いっぱいに水を溜めておくとよいでしょう。
バスルームから水を運んで流す場合のコツですが、バケツなどで高い位置から便器に直接流しいれます。また、水を便器に流すときにしぶきで周囲を汚さないように、トイレ内の床に新聞紙を敷くなど工夫するといいでしょう。汚れ以外に感染予防にも繋がります。タンクがあるトイレであれば、直接水をタンクに入れれば水は飛び散らないのでは?と思うかもしれません。しかしこれは誤りで、入浴後の残り湯には通常の水道水には含まれない皮脂や髪の毛などの汚れが混ざっています。これがタンクに入れば不具合を起こしかねないため、バケツから直接便器へ水を流す方がリスクを抑えられます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ