トイレの水のトラブルで困る水漏れと修理作業

■24時間漏れ続け水道代に影響する

水を使えば、水道代金が請求されます。公共のインフラとしての水を使うのですから、なにも不思議なことではありません。ところが、使ってもいないのに使用量として請求されてしまう場合があります。水のトラブルが起きたときに出てくる問題ですが、例えば、トイレの便器にわずかずつ流れ出していたり、蛇口を閉めてもポタポタと水滴が落ちるような状況であれば、請求額が増える原因となります。
水が流れているのが分かっていても、少ない量であれば、問題はないと考えてしまうのが、困る状況を招く大きな要因です。見た目には漏れていると分からなくても、水は実際に止まっていません。水は、少しの量であっても漏れる原因があれば24時間漏れ続けていきます。使ってもいない水をずっと垂れ流している状況では、後で気がつくと驚くほど無駄に消費していることも珍しくありません。数か月後にびっくりするような水道代が請求されて、慌てて修理をするといった例もあります。水が漏れていることに気がついたときに早く修理すれば回避できる状況です。
水が止まらない状況は、いくつかの問題が考えられます。解決しなければいけないポイントもいろいろとあります。トイレの水は使用すればタンクに水が補給する仕組みです。何かが原因となって、タンクの中の水が便器に流れて続けていくことになります。使用すればタンクに必要な量が水道から流れていくため、延々と止まらない状況が生まれます。このため、24時間流れ続けてしまうことになります。
タンクレスの場合には、タンクのように補給されるわけではありません。なにかの問題を抱え、バルブが完全に閉まらない状況になっていることが考えられ、やはり流れ続けていくことになります。こうした水のトラブルを見つけたときには、素早く作業に入り、問題の解決をしなければ、家計にも影響を与え続けて困る事態になるでしょう。

■水漏れしていく原因はどこにあるか

水が止まらない場合には、作業に入る前に原因を特定しなければいけません。タンクの場合には、どこから漏れているのかをはっきりとさせます。タンクから便器へと水が流れる経路は2つあります。
1つ目はタンクの下部にある排水弁です。単純にレバーを引くと弁が開くようになっており、便器の中に流れていきます。この弁が開いていると、当然水は止まりません。ゴムで作られているため、パッキンのように弾力性があるうちはしっかりと止まります。劣化が進んでしまうと、密着できなくなって水が漏れてしまうのが問題点です。交換作業は難しくはなく、パーツさえ手に入れば簡単です。
2つ目の経路がオーバーフロー管です。タンクの中で水があふれないように作られている管で、管の高さを超えれば中に流れ出し、便器に流していきます。オーバーフロー管の上部に水面がかかっていれば、当然流れ込んでいくことになるため、タンクの水面の位置を確認しなければいけません。水面が高い時には、給水管側の弁に問題があり、止まらない状況です。弁と連動する浮き球の位置や、弁がしっかり閉まるか確認する作業が必要になります。このオーバーフロー管も劣化すると根元がもろくなり、隙間があいている場合もあります。根元から漏れてしまえば、いくらほかの部分が健全でも水は止まりません。いろいろと試していても直らないときには、根元まで確認して劣化していないかみておくことが必要です。

■水量の微妙な調整は簡単ではない
部品同士の位置は簡単であっても、バランスをとって構成されているので、タンクの中の構造は、簡単とは言えません。水が適切な量になるように、調整もしなければいけません。適切な水量を貯められないと、汚物も流すことができず、排水管で詰まる原因も作り出します。タンクの中にペットボトルを入れて、水量を減らして節約するという方法がありますが、この方法はトイレの性能を下げることになります。排水管が詰まりやすくなってしまうため、適切な水量維持ができなくなり、大きなトラブルを生み出します。
実際に作業をしてみると、かなり難しいことがわかります。部品を手に入れたとしても、バルブなどは交換が容易ではありません。調整も難易度が高く、少しでも狂えば水漏れは続きます。自分では節約のために問題がないと思っていたことが、大きなトラブルを引き起こしているとは考えない状況も生まれます。正確な知識と技術を持って作業することが、トラブル解決には欠かすことができない条件です。自分たちでうまく直すことができない場合には、できるだけ早く業者に依頼して修理を進めることが大切です。時間を掛けたとしても、なにも解決することはありませんし、水道代だけはどんどんと加算されていく状況となってしまいます。パーツの消耗自体は、かなり長いスパンを持っています。トイレの部品は、一度交換してしまえばしばらく心配がいらなくなるので、早めの決断が大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ